インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療成功の絶対条件となります

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、必ず守るようにしてください。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費は相当変わってくるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療を始めても、決して遅くありません。

いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその費用もみておかなければなりません。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。

定期検診を受ける費用は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を用意しておきましょう。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

まず、差し歯というのは、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は差し歯は利用しようがないということです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

その点は、担当医の技量に加え、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、どうなると言い切ることはできず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置をとっても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むのでほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないようひたすら辛抱が大事です。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。

インプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが多くの意見です。

ということは、日頃のケアを欠かさなければかなり長い間保たせることができますが、セルフケアの手を緩めると維持できなくなる異常も起こりうるということを忘れてはいけません。

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間の経過ともに落ち着くのが自然な流れです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、すぐに歯科医に連絡することを忘れないでください。

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用の問題も大きいと思います。

保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差はかなりありますし、自由診療なので、歯科医院ごとにずいぶん費用は変わってきます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかる点も知っておく必要があります。

ブリアン歯磨き粉
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーも起こりにくいとされています。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので安心して治療を受けることができます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です