栄養不足が不安だという妊婦さんの頼もしい味方と言えば、育児や赤ちゃん製品で有名なピジョンのサプリ

不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて血液を作る作用があります。

この効果は不妊改善にも有効で、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、妊娠しやすい状態を作り出すので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。

葉酸で血液が増産されると、新しい血液が体内サイクルを整え、生殖機能が正常化して活発になり、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。

実際に妊娠してから葉酸を摂取し始めたという方が多いのではないでしょうか。

では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。

赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、妊娠中だけの摂取でも、もちろん問題ないでしょう。

一方で、葉酸は体に有益な様々な働きをしてくれます。

中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取し続けることが毎日を健康的に過ごすことが出来ますので、出産後も葉酸を意識して摂取するのをお勧めします。

葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。

しかし、妊娠中には葉酸以外にも様々な栄養素が不足しがちです。

また、妊娠時には様々な栄養素が不足しますし、葉酸それだけの摂取では吸収率が悪くなってしまいます。

サプリを選ぶ際のポイントとしては、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を複数配合されたサプリを選びましょう。

具体的には、25種類前後の栄養素が含まれたサプリであれば栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。

ピンクゼリー
妊娠しやすい体になるために、妊娠を希望している方は、摂取をオススメします。

皆さんご存知のように、胎児は細胞分裂しながら成長します。

葉酸は、この時に重要な働きをします。

葉酸は食品に含まれているほか、葉酸のみを抽出したサプリ等も販売されています。

ですが、この葉酸は単体では吸収率が低下するという特徴があるために、様々な栄養素を含有した、総合サプリメントによる栄養補給がお勧めですね。

でも、様々な成分を含有している総合サプリの中でも、どのような成分が入ったものを選べばよいのか判断の基準がつかず、困ってしまうという方も居ますよね。

簡単な判別方法としては、粉ミルクの成分を参考に、サプリを選んでみましょう。

粉ミルクには赤ちゃんに必要な成分が揃っていますので、それを目安にサプリを選べば安全です。

スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。

レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。

妊娠に欠かせない栄養素を含むので、意識して食べたい食品に入ります。

しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、さまざまな食材をとるのが健康維持にもつながるのも事実です。

そして体を冷やしたり刺激の強い食べ物は良くないので、産後までは我慢したほうが良いですね。

意外に思われるかもしれませんが、妊活中にも亜鉛の適切な摂取を心がけ、亜鉛不足にならないように注意してください。

亜鉛は卵巣の正常な働きに重要な成分で、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。

妊活中の女性以外にも、男性が摂取した場合、精子の量を増やし、質の高い精子の生成をサポートする効果があるのです。

妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事を始めてみてください。

妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーといった食品を、積極的に食べているという方も多いと思います。

ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。

そのため熱を加えてしまいますとどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。

総合的な摂取量としては十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。

妊娠を計画しているときにも、妊娠しやすい体づくりの為に出来る事ってたくさんありますよね。

例えば、葉酸です。

妊活中の時から葉酸を摂るように、厚生労働省が勧告していると雑誌に載っていたと、友達が教えてくれました。

葉酸は、赤ちゃんの障害を発症するリスクを下げてくれる重要な成分らしいです。

妊娠した段階から不足しやすい成分だそうなので、妊活中からの摂取が求められているようです。

ビタミンの一種なので野菜を食べればある程度は摂れるようなのですが、それが難しい時は葉酸のサプリを飲んでもお勧めだそうです。

葉酸サプリはたくさんの種類があるようなので、安心して服用できるものを見つけて、妊活を続けていきたいと思っています。

金銭的負担が大きい不妊治療ですが、タイムリミットを考えると精神的にもつらいものです。

居住地の公的な助成金制度も活用できますが、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減る場合がほとんどです。

その年で諦めろということでしょうか。

むしろ40だからこそ、助成回数を増やしたほうが良いように思います。

今年で40歳になる私ですが、見捨てられたような寂しい気持ちで、落ち込むことが多くなりました。

妊活の時に、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。

一人目に男の子を産んでいたので、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。

本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジしました。

妊娠が発覚した後、赤ちゃんの性別が分かるまでは少し心配もしましたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。

妹が出来た、と家族で喜んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です