原因が他にあることも考えられるので、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡する

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。

麻酔の効き方を確認しながら手術に取りかかるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みが出てくるケースもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントの方が優位に立ちます。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。

典型的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。
はははのはの効果

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というプロセスをたどります。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

インプラント治療も医療行為ですが、全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして収入から医療費を控除されます。

確定申告を行うときには、歯科医で発行した領収書はお金を払った証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

それは、治療を行う歯科医の腕や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずしもこうなるとは言えず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

重度の虫歯になってしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、治療を受ける決心がつきました。

保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

これらのどこかに当てはまる方は長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方にはぴったりくるのはインプラントです。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつけるため、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を重視する方には最適です。

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクはあります。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体の損傷、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目を損なってしまう問題もあります。

リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です