治療の完了までには数ヶ月みるべきです

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、誰にでも当てはまることではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その手術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の卓越した技術を置いて語れません。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということであり、その分高額になっているのです。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯というのは、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

これは、人工物を埋め込んで周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが自然な流れです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、異変を感じた場合はすぐに歯科医に連絡することを忘れないでください。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診を受けるように言われます。

メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となり三千円くらいと考えてください。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも覚悟してください。

それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるというのも、デメリットの一つです。

障害を負うにとどまらず、患者の死亡例も実際にあります。

最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、手入れしながら、長い期間使うことができます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるのが普通です。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう歯みがきも気をつけてください。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはけっこう大事なメリットの一つです。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい頑丈です。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
デトランスαの口コミ

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の段階で断られることもあります。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことを勧めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です