どんなインプラントも永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります

インプラント治療にかかる費用を合計すると標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。

治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療を始めても、決して遅くありません。

いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

手術によってインプラントを埋め込んだ後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすように努めましょう。

日常生活では力をかけないように努め、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

日常的に運動を続けている方なら、歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておきましょう。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

今では、どこで手術を受けても大して痛くないのが普通です。

麻酔の効き方を確認しながら埋入手術を始めるためです。

術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けることも十分あり得ます。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、そう簡単に断念せず、できるだけ幅広く情報収集するしかありません。

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので症例数が多ければ多いほど良く、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

また、できれば治療と費用の関係をクリアにしてくれる、きちんと感染症対策がなされている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。

人工歯としてのインプラントはしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもありがたみを実感する点です。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど丈夫に作られていることはいうまでもありません。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だということを理解してください。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはインプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

もし金属アレルギーの不安があれば遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安なく進めていけるでしょう。
ヴィトックスα

一般的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。

ですが、便利な反面、留意すべき点もあるのです。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です