ぶっちぃが坂東

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。

ですが、便利な反面、留意すべき点もあるのです。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

いくつか例を挙げると、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンという義歯をはめられます。

これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが良いと言えます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してください。

インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全て歯科医の腕に任されているのでかなり治療実績には差があると考えられます。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと考えて欲しいのです。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

夜寄るブラ+plus(プラス)人気?口コミや効果を検証!
一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命にも影響が出ます。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすように努めましょう。

日常生活では力をかけないように努め、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらく行わないようにしましょう。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

運動を習慣にしている方の場合はどうなったら再開できるか、歯科医と話し合うと安心できます。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病を引き起こすこともあるのです。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、まずは口腔内をきれいに保ってください。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です