ユキドンが雅龍

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに起因することが多いといえます。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、インプラントを入れるという一連の治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。
スリムバーレスク|口コミや評判を検証!

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に生じた問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、以前と比べて息のニオイが気になるという話も一部で見られます。

これはなぜでしょうか。

一つには、インプラントと隣の歯の間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているという可能性もあるのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、放っておかずに診察を受けてください。

長年放っておいた虫歯があり、とうとう抜歯を迫られました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、自分の気持ちが固まりました。

保険がきかないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになりインプラントにして良かったと思いました。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟してください。

また、治療の失敗内容によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性がある危険性も承知しておいてください。

本当に深刻な例では、死亡事故も実際に報告されています。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

金属の中では、骨との親和性が高い方で金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的に治療をすすめていくので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

おおむね保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差はかなりありますし、自由診療のため、歯科医院によっても相当差が開きます。

そして、定期検診にも費用がかかってくるということも覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です