サビキコリがベキヤマ

代表的なインプラント適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいなどの要望があるケースです。

例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。

両隣の歯は健常なので、削りたくないと考えている患者さんには、インプラント治療を考えた方が良いですね。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療ができるようになっています。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして十分調べてください。

どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも選択肢としてインプラント治療があります。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、費用がかかることは確かですが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染が起きないと言えません。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてきちんとホームページに載せている歯科医院も当然のようになっているので、そこで調べるのも良いでしょう。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、入院する必要はまずありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

トリプルビーってどうなの?口コミや販売店を徹底検証!
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、治療にお金がかかることは承知しておいてください。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険が適用されればありがたいのですが、この人工歯治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

治療の一部を保険適用にするだけでも、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

インプラント埋入手術の直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、治療中に異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことが治療を成功させるために必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です