シベリアン・ライカでベネット

着ている服を見て浮気の証拠を見つけられます。

浮気をしている人に、目に見えて出現してくるのは今までとは変わった服装です。

おしゃれにはこれまで疎かったのに、おしゃれを急にするようになったら注意する必要があるでしょう。

これから先浮気をしようとしていたり、前から浮気の相手が存在するかもしれません。

自ら動くより、浮気調査は探偵に頼みましょう。

探偵にお願いすると、浮気の証拠を確実につかむことができます。

自分で手を尽くして調べてみても、浮気している事実くらいならすぐにわかります。

しかし、相手に問い詰めても浮気を認めようともしなかったら、有利な条件を引き出して離婚することは不可能です。

そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。

浮気調査の第一段階ですべき事は、不倫相手の存在を明らかにする事です。

疑問が確信に変わりきらないケースでは一度、浮気調査を続けるか決める必要が出てきます。

不倫相手の存在が確かになれば次は不倫相手を調査となります。

お出かけ先からパートナーの行動を調査したり、怪しまれぬよう監視を続け、浮気相手の素性を確定させるのです。

探偵に浮気の調査を要請して、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできます。

相手が信頼できなくなってしまったら一生共に生活することはそのストレスはかなりのものになりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。

それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を求めれば、確実に別れさせることもできるはずです。

GPSが繋がるものを使って、良く行く場所を調べて、良く見える場所で観察し続けると、いつかは来るはずですから、不埒な行為を押さえることができるでしょう。

費用のご準備が十分ではないときには、GPSで調べるだけでも、様々なやり方の選択肢の一つです。

位置がわかる機械が仕込まれていることが知られてしまう恐れもあります。

探偵が行う浮気調査でも時には失敗することもあります。

探偵が浮気調査に精通しているといっても、成功しないことが全くないことは全くありません。

相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。

それか、浮気調査期間中に不倫相手に会わない時には証拠を入手しようがないです。

行動をメモしておくことで浮気の根拠を示せることもあります。

大抵、人の日々の動き方にはパターンが定まってくるものです。

しかし、浮気すると、行動のパターンが変わります。

揺らぎの出た曜日、時間帯を確認できたら、一つ一つの行為を見るようにしていくと、浮気の根拠を示す目途がたちやすくなります。

事前に成功報酬と言われていても、もし、浮気調査の依頼したとすると、その際の調査期間が3日間だったとすると3日間で浮気が発覚しなければ調査は成功ということになるでしょう。

実際に浮気があったとしても、その3日間だけは浮気していなかったという状態であったら、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、専門的な調査は完了となり、事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。

離婚を覚悟の上で、たくさんの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。

しかし、単独で行くのは、喧嘩になりやすいので、避けたいところです。

あなたが信頼する人と一緒に行けば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。

信頼できる人が見つからない場合は、探偵に依頼するのがベストだと思います。

不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度のケースもありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。

離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、金額は少なくなってしまいます。

また、不倫相手の方が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要とされます。

どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です