野坂で高良

自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が発覚してしまった場合、離婚するかしないか迷って決められないですよね。

それを避けるために、探偵事務所に調査を依頼するよりも先に、自分の損得を考えるのが先決です。

夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、不貞行為に対する慰謝料を要求して離婚という別れを選択するのも一つの方法です。

よく着る服装が変化してきたら、よくない兆候です。

浮気相手に好かれるための服装にしようとしていたり、格好よく見えるよう頑張っていたりすることもありえます。

ある日から、服装が年相応でない色や柄のものをセレクトし出したら、相当に危ない予兆です。

その時、お洒落な下着をつけるようになった時、浮気の可能性もかなり高いです。

なるべく少ない費用で浮気調査を依頼するには、ある程度自分で前もって調べておくことです。

難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。

毎日、パートナーの行動記録を付けておけば良いだけです。

毎日、出勤していった時間や、帰ってくる時間、電話がかかってきたならば、掛ってきた時間と通話していた時間も記録しておきましょう。

興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、これと言って無いと言っても良いでしょう。

両方とも、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような類似した仕事をしています。

でも、あえて言うと、企業や団体は興信所に、個人は探偵に頼るようです。

調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、どのような調査が行われるかにもよりますが、調査に行くのは2人程度なんだそうです。

ただ、浮気がまだ推測の段階であるケースでは、まず調査員が1人で浮気であるかどうかを浮気をしている証拠をつかんだら、再度相談をして調査員の数や方法など進むべき方向を決めます。

 追跡グッズという探偵が使うものは 自分自身で買えるのかと言われたら購入できます。

追跡グッズは、一般にはGSP端末を使用されることが多いですが、どんな人でもネット等で買えます。

車両に載せるタイプのGPS端末は、車の盗難時に備えてつけておくものなので、いかなる人でも購入できるのは当然です。

パートナーの浮気リサーチを探偵に依頼する際には、普通は、調べる人が何人で、どのくらいの期間に渡って調査を行っていくのかを契約を交わす前に取り決めます。

1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、浮気調査を行った期間が長期にわたれば支払う費用も高くなるのです。

探偵事務所によっても、主に使う道具や調査する人のキャパシティには差異があるので、口コミなども調べていったらいいと思います。

GPS端末は、車の目に触れないところに装着して、行動を常時監視し続け、現在地を確認したり記録されたデータを後で読み出し行動の様子を分析したりします。

あまり、車を運転しない人の場合は、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。

こうすることによって、パートナーの行き先やどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。

GPSが繋がるものを使って、頻繁に行く場所を調査して、近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、いつかは来るはずですから、こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。

調査依頼には費用が必要ですが、ご用意いただけない場合には、端末などで調べるのも、方法の一つです。

GPS装置がつけられていることがわかってしまう事もあります。

妻又は夫が浮気していることが明らかになっても夫婦生活を続けていきたいのであれば浮気相手との逢引現場に向かうのはしないほうがいいでしょう。

パートナーを裏切ったことがバレた途端にパートナーの感情を逆なでしてしまい、元の関係に戻ることができなくなってしまう可能性を否定できません。

しかも、浮気相手に直接関わった結果、大きなストレスになってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です